タイトル

雑記にするまでもない一言 ≒  『 この雑記は、週1回・月4回以上の更新をするように心がけています(心がけ低っ)・・・ ('A`)y-~~~ 』
■2015年09月23日(水)  アクアでアクアラインでまたアウトレット
ああ〜もう。
パソコンの動作が「たま〜に」不安定だったので、設置して1年半弱、ちょっとデフラグ系でもしようかな〜とWin8.1管理モードで「PCをリフレッシュする」というコマンドを選んだのが運の尽き・・・

ゴッソリとインストールソフトが消えましたよ。
ファイルに影響ない、と書いてあったので安易にやっちゃった・・・環境再構築がすさまじく面倒。OS再インストールと変わらない・・・

と、いうわけで更新が遅れました。いいわけ。


さて、なんと故あってまたしても木更津アウトレットに行くことになりました・・・
別に買うものはない・・・いくだけ。
9/16に行きました。またしても記事一週間遅れ。




海ほたる。まあ正直ただのSAなので寄らなくてもよかったんだけど。
なにせ、横浜からここまで30分かかってないんだから・・・休憩の必要もなし。




いきなりアウトレットではまったくもっておもしろくないので、寄り道で富津岬へ。
明治百年記念展望台がとても有名でございます。
まあ、公園内なので無駄な観光地っぽさがないのが、まあ落ち着くような寂しいような・・・




富津の岬が一望できて、とても気持ちがいい・・・のだが。
風が強く、しかも曇天、気温も低め。正直寒いっちゅーねん。なんか知らんけど千葉では天候に恵まれないなぁ。




今回の相棒は、なんとトヨタ・アクア。
「日本一売れた車」連続第一位の・・・いわば日本を代表する大衆車。
今までに乗ったスポーティ系欧州車とはまったく方向性の違うものだが、まあ一度乗ってみるのも悪くないとチョイス。意外と高く、値段あまり変わらないんだよね・・・
なんだか、バーベキューしてる一行が背景にいらっしゃいますが、とても寒々としておりました。
しかし青のアクアって・・・イメージ違うよなぁ。モデルチェンジ前のものだったし。




気を取り直してアウトレットへ。
昼は、フードコートで千葉の地のものをいただく。あさりは間違いなく千葉産だ。
ド平日なのにわりと混んでいてびっくり。




ついでに、ピザ「サルヴァトーレ」の名物(?)揚げピッツァをいただく。
これがとろ〜りチーズでうまい。
微妙に冷えた体に染み渡る温かさだ。こいつはぜひ歩きながら食おう。




行きと帰りは・・・神奈川に入ったとたんの大渋滞・・・
朝なんか5キロ進むのに30分以上かかった。帰りも混んでる・・・
だが、そこは世界のトヨタが誇るハイブリッド車。みよ、この燃費!!
「27.5km/L」という車とは思えない数値をたたき出した。ちなみにずっとエコモード。エコを切ってみたけどエンジンがうなるだけで全然加速がよくなかったので一瞬しか使わなかった。
あの〜、125ccのシグナスXと変わらない燃費なんですが。。。すげーな。
うまいこと電池とエンジンを使い分けているのが、乗車中もよくわかった。

車としては・・・一部でいわれるほど悪くはない。モーターのおかげでトルクもまあまあ。渋滞中はエンジンを使わないので電池メーターがガンガン減るが、走り出すと勝手に充電していくのであまり気にならない。
ただ、路面の凹凸の拾い方や高速カーブの剛性など、やっぱりヴィッツレベルだ。
ハンドリングが思いの外悪くなかったが、山道を走った訳じゃないのでよくわからなかった。
総括としては、「売れるわけだ!」
もちろん、車にいろいろとこだわりを求めるなら逆に真っ先に切られる車だが、こだわらないのならもう、アクアで十分。なにせ、千葉まで往復して5リッターちょいしかガソリンを消費していないのだ。この燃費は無視できない。

というわけで、ハイブリッドはすばらしい。ただ、自分で所有したいとは思わない。あと、車が始動したのに気がつかないほど静かなので、最初とまどった。




なんと、今回アウトレットで買ったのは・・・
「フライパン」でごさいました。ティファールアウトレットにて購入。取っ手がとれるのは高すぎたので、普通のやつだが・・・チタンプロコーディング仕様の最強モデルを買った。
これまでの一年半、ほぼ毎日500円フライパンでがんばってきた自分へのご褒美だ。

ちなみに・・・使ってみて思った。
「いいフライパンはやっぱりちがうね〜〜」

あ、明日から沖縄行ってきます。もちろん車も借ります。
Comments
Name   Message   

■2015年09月15日(火)  夏を振り返る「房総アウトレット&林道バーベキュー」
仕事がクソ忙しくて、精神もすり減ってなかなか書けなかったぜよ。
8月下旬の某日、曇り空(ときどき小雨)のなか、暴走房総ツアーに出かけたのだった。夏休みも終わりの時期、平日でもそこそこ人はいるだろう。

なんとアクアライン様凄すぎで、横浜から40分で木更津アウトレット到着!
開店前に到着、人もまばら・・・しかし時間と共夏休みらしい人出に。




オークリーアウトレット。
かなり前に初出店のころ、軽井沢アウトレットに行ったがその頃はラインナップもショボかった。
だが、今や普通の直営店と見まごう商品群。
もちろん廃盤品&訳あり品なのだろうが、安価だし見応えのある店であった。
ただし・・・今のオークリーサングラスは正直イマイチσ(^^)的に盛り上がらない。
(最近はMade in U.S.Aの文字すら見あたらないのだ・・・あのオークリーが・・・)

というわけで買う物なし。っつーか35本もいらないっちゅーねん。

その後、アウトドアブランド中心にお買い物。



こんなに買っちゃったYO
う〜ん、アウトレットの魔力恐るべし・・・(;´ρ`)
とある目的のため、ランチは食べずに撤収

の前に



アウトレット内のタリーズで小腹を満たす。
その後、近くのスーパーで肉や野菜を買い・・・




圏央道方面へ。
木更津東インターで降り、田園風景をひた走る。




いつの間にか山道のような風景に。
余談だがこの写真は微妙に暗い周囲と、車内から撮影したスピード感が相まって加工していないのに特殊効果を加えた写真のようになった。だからどうした。

ナビの通り行くと、メチャクチャに狭い道へはいる。
不安に感じつつもゆっくりと歩を進めると・・・なんだか、突然山奥で線路が道を横切っている!
踏切のようだが極ミニの交点なので遮断機も警報機もなし!
車から飛び出してカメラを構えつついろいろとしていると・・・
突然けたたましい警笛が・・・




どあああビックリした!!
突然一両の列車が・・・(列をなしてないから列車ではないのか)
これが、千葉のローカル線「小湊鐵道」である。内房線や外房線よりも山間を通る良い感じの路線だ。
しかし、線路でカメラ構えていたからか、警笛をこれでもかと鳴らされまくった。
ちょっとむかついたぜ。遮断機もないから列車が来るのわからなかったんだよ・・・

その後、この狭い道をこわごわと進んでいくと・・・
突如現れたのが




『房総素堀明治隧道』である。
これが目的のひとつ。この素堀明治隧道、車の幅ギリギリでありなおかつ三連隧道という、(その筋のマニアの間で)有名なスポットなのである。
上のように将棋の駒のような変わった断面のモノ(観音堀という)があるかと思えば・・・




このように、中は狭いが坑口だけはとんでもなくでかいモノまで・・・
いやはや、楽しませてくれる。

そして、極狭三連隧道を抜けると・・・突如として立派な県道に合流。
というかですね・・・




こんなところが現役の車道だと思うか!!
県道から、今来た隧道を見る、の図。っつーかこの洞穴から車が出てきたらマジでビックリすると思うんですけど。まあ、今出てきたんだけど。
スゲーよ、房総の隧道・・・(゚Д゚)y-〜

そしてすぐにあるのが、小湊鐵道の駅「月崎駅」である。



うむ、この寂しいカンジ・・・最高である。
現役の道に現役の鉄道だが、「廃」の探索をしているようなテンションになる。
もちろんレアな列車が現れるわけもなく(さっき警笛鳴らされたけど)記念撮影をしたらさっさとメインイベントの場所へ移動。

そもそもこの場所、職場の休憩でたまたま「千葉で良い場所ないかな〜」とグーグルマップさんを見ていて、山間部にトンネル名を見つけて即決めたという・・・なんとも行き当たりばったりで決めた場所なのだ。

んで、この場所・・・




結果:超絶大正解!!
この場所に着くまで、道無き道を車で進み、停車しては先を様子見し・・・
なかなか大変だが、この場所まで来るとすべてが報われる。

ここでバーベキューをするためにはるばると来たのだ!
(すでにグリルに火が入ってますよね)
廃道ではない・・・が、もう廃道と同様の装い。そしてカーブミラーと素堀の隧道。その道ばたでおもむろにヘリノックスのチェアを組み立てて落ち着く。

最高だヽ(´ー`)ノ



隧道の先、道の終着点は登山道入り口のようになっている。
その隧道方面からわがバーベキュースポットを見ると、こんな感じ。
わぁ〜シュール。
ちなみに人家はおろか人っ子一人いない山の中だ。静寂のみが辺りを包む。




そんな場所で肉を焼いて食う。それがどれほどのエンターテイメントか。
レジャー施設やテーマパークなど、我々には必要ないのである。
日が暮れるまで実にゆっくりと・・・この千葉の名所を堪能したのであった。




帰るときにはもう真っ暗。なにせ明かりなんか存在しない山中だから。
スーパー懐中電灯「FENIX PD35」で照らす隧道は、暗闇だと恐怖スポットと化す。
霧雨も降っていて、バーベキュー日和ではなかったが・・・涼しくて過ごしやすい一日であった。

ここから我々は、自然(雰囲気の良い道)の中で過ごすひとときにハマっていくのであった・・・



アウトドアアイテムは、吟味して選んだものだ。
今回はヘリノックスのチェアと・・・写真のロゴス「ピラミッドグリルM」燃料は「エコココロゴス」2つで肉を焼いた(ちょっと足りなかった)。シメのラーメンはエスビット「ポケットストーブ」と安価なゲル状着火剤で。地味にロゴスのミニテーブルも役に立った。

次はキャンプにもチャレンジしたい。
そう、我々はこの世界にハマりつつあったのだ・・・
Comments
Name   Message   

■2015年09月08日(火)  趣味:睡眠(惰眠)
なんだか、最近すぐ寝てしまう。
きちんと寝る準備をして寝るんじゃなくて、何となくベッドに寝っ転がるとそのまま数時間寝てしまうのだ。
これがとても気持ちが良い眠りの反面、寝る支度をしていないから、2〜3時間後起きた後にきちんと寝るために風呂、歯磨きなど一通りしてから寝るのだが・・・そこで目が覚めてしまい、睡眠時間が不規則になりがちなのだ。
とくに、仕事終わりに帰宅→メシで横になるとほぼ確実に寝てしまう。

ああ〜なんとなく、今のかったるい時期は精神もかったるくなっちゃうのかね。
非常にしまりがない生活になっております。



画像、意味なし。
休みの日も、予定がないと買い物すらかったるい。
まあ、一時期食材買いすぎた挙げ句、おしなべて賞味期限切れになっていた過去があるので、少しくらい冷蔵庫がすかすかの方がいいんだけど・・・
夏の間はつねにギュウギュウだった冷蔵庫も、涼しさと共に水分が大幅に減って余裕が持てるようになった。




「使い捨てではなくメインとして使い続けるモノ」として最安値の商品を買ったので記念撮影。
100均の雪平鍋だ。アルミ製だが非常に軽く、ペラアルミの形成物であることがわかる。
いや、それでもこれを100円で売って利益が出るんだからたいしたものだと思う。
どれだけ保つのか見物ではある。
(まあ、1年半使い続けているフライパンも500円セール品ではあるのだが)




秋限定商品などを見ると、もう季節が変わろうとしているのがわかる。
ふとスーパーの総菜売り場を見ると、サンマも並んでいた。まだ蒸し暑さは相当なモノだが、確実に秋になろうとしている。もっとも、ここ近年の春と秋の短さといったらないのだが・・・
こうしてダラダラ過ごしていると、すぐ冬になるのだろう。




密かな悩みとして、部屋の唯一の衣類保管棚であるワードローブが崩壊しかかっている。引っ越しと共にニトリで買った簡易式のタイプだ。
すべての衣類を詰め込んで1年以上耐えたが、やはり樹脂と細いパイプの組みあわせでは無理があったのだろう。本当に崩壊したらまずいので、重量物は外して使っている。
外している・・・ということは、収納がないこの部屋においては「床に置く」ということを意味する。
どうりで部屋が散らかって見えるわけだ。
ちょっぴりちゃんとした物を買おうかといろいろ調べたが、重量のある大げさなものしかなく、値段もそれなりにするため・・・この部屋に居る間はタンスやワードローブ類は置かないと思う。衣装ケースくらい買うかもしれないが。

まあ、近況を総括すると「惰眠」という一言に尽きる。
日々に追われて時間がないという多忙な人からしたら、はっ倒したくなるだろうね。
いや、仕事的にはそれなりに忙しいは忙しいんだけども。
NHKが訪問してきたので、テレビはないといってお引き取り願いました。つーか、マジでテレビ無いし。
さてまた寝ますか。睡眠は最高であるぞヽ(´ー`)ノ
Comments
Name   Message   

■2015年09月04日(金)  夏が終わるので振り返ってみる
あ・つ・い・・・
ここ数日肌寒いほどの気候で「あれ?」と思ってたら、また熱帯夜だぜ!アツいぜ!ウザいぜ・・・(゚Д゚)y-〜

日本の夏は日本人のσ(^^)がいうのもなんだがサイアクで、蒸し暑くかったるく、雑記を書く気にすらなれなかったのでいろいろサボりまくっていました。
でもとりあえず9月になり、いよいよ夏も終わるだろうということで振り返ってみようかな〜と思います。

7月後半に、Brobon+甥と姪が横浜に集結したので、実に久々の親子三代海水浴旅行にいきました〜
もう雑記というより記録ということで、バッサリいきましょう。
ちなみにG7X買う前で荷物最小限で行ったので、すべてアクションカムAZ-1のフォトモードです。一部動画切り抜きあり。まあ縮小すればわからないッス。




旅行前に一日あったので、真夏の都心へ繁華街散策ということで、渋谷原宿へやってまいりました〜
子供たち二人は、さすがに暇そうで時間つぶしが必要。
その時間つぶしはスマホorタブレットのゲーム・・・時代だなぁ。休憩のたびにタブレットをかっさらわれました。。。ちなみに渋谷のタリーズコーヒーにて。ここのエスプレッソシェイクは最高。




それに、真夏の猛暑日。コンクリートジャングルは大人にもキビシイ・・・(;´ρ`)
歩き通しなので子供たちには過酷だったか・・・テンションも低く・・・
まあ、ウインドウショッピング的なモノって子供が楽しいわけないか。こちらも寄りたい店にも寄れずに消化不良と・・・
その後に行ったアキバは、子供たちもフィギュアなどいろいろ見てそれなりに楽しそうにはしていたのが救い。

さあ、次の日はレンタカーを借りて伊豆の海へ出発だ!
ちなみにレンタカーはトヨタ「ノア」。最新の現行型。
ミニバンは相変わらず運転しやすいが、ドライバーズカーではない。あくまで家族のための車だ。




伊豆外浦浜。
前にもやってきたビーチで、穏やかで砂浜もきめ細かいというまさに観光ビーチ。
抜けるような青空で風もなく波も高くない。素晴らしい海水浴日和だ。
駐車場もキッチリ浜そばにゲットし、万全の状態。




我が家もパラソルを借り、ビーチベッドを借り、サンシェードを広げる。
ここが前線基地だ。
子供たちも成長し、やる気がある。海へと攻めていく。

だが・・・



海が冷たい!!
水温がやばいくらいの低さ。ちょっと浜で休むと・・・海に入るのに覚悟が必要。
アクションカムは、水温の低さから水から出すと曇ってしまうほど。
σ(^^)も買ったばかりのTUSA水中ゴーグルで・・・と思ったが、これも曇ってしまう。恐るべき低水温。




お昼は・・・そう、海の家といえばぼったくりラーメンだ!!
味もそれなり、だが、値段もそれなりに・・・
正直言ってここら辺はスキー場が良心的に思えるレベル。海ってそうだよね〜
でも、これぞ海ってカンジではある。




宿泊は、伊豆下田東急ホテル。
プールもついているリゾートホテルだ。館内で妖怪ウオッチスタンプがあったりして、子供たちもテンション上がっていた。彼らは自由がきかず冷たい海より、自由で水温も暖かいプールの方が良いようだった。




ハンモックもあり、とにかくリゾート気分。
ちなみにこのハンモック、土台ごと持ち運べるタイプで、アウトドア店で普通に売ってるやつでした〜
子供たちはアトラクションがないと退屈しちゃうんだよね・・・にしても、姉弟ゲンカが以前にも増して激しくなってるわぁ・・・これをなだめて、叱って、親って大変ね。




次の日は、プライベートビーチのような浜。一見すごくよさげ。
ところがこの浜。。。砂浜に混じって石(岩)がゴロゴロ・・・足が痛い!!
下手すると本当に怪我します・・・
それに、日当たりがあまり良くないので寒い・・・早々に撤退。

夏といえば海!なかなか楽しい旅行でした。
と、ここで帰り際、時間が余ったので江ノ島観光を追加決定。定番です。



頂上にあるサミュエル・コッキング園まで行くのにもう汗だく・・・暑すぎ。
でも、江ノ島シーキャンドルで涼風に吹かれ癒されます・・・ヽ(´ー`)ノ
子供たちはお疲れモード。




猫好きは遺伝する!
子供たちが一番テンションマックスだったのが、島に住む野良猫たちとのふれ合いだったのであります・・・
江ノ島は猫王国といえるくらいの野良猫パラダイス。
ここに来れば猫カフェとかいらないと思うこと請け合い。

さて、最終日は遠出も疲れたので近場のこども科学館で遊びます。



まあ、館内は親子連れOnlyでごった返しておりました・・・さすが夏休み(当時)。
大人も思わず夢中になる体力測定から、子供向けの立体迷宮まで、実に様々。
でもまあ、数時間持たせるのはそれなりに大変で・・・

そんなこんなで、久々に子供たちと過ごした夏休みでありました。
もう一度言っておくけど、これ7月後半の話ですからね!
夏が終わらないうちに記録しておきました。おしまい。。。
Comments
Name   Message   

■2015年08月28日(金)  真夏の名古屋日帰り食探しの旅
長いタイトルだ。
てか、またタイムリーではない。もう、なんつーか・・・イベントが終わった後に膨大な写真を整理してアップして執筆するのが億劫なのだ。
じゃあ、雑記なんかやめちゃえよと思うのだが、いかんせん飛び飛びながら10年以上続けているので、面倒だけどもライフワークでもある。言うなればこの雑記以外で明確に過去を振り返るツールがないのである。
億劫で面倒で記事も上げたり上げなかったり・・・だけども、生きている記録として。


前置きが長くなったが、今回(8月22日)、飲み会のノリと勢いで名古屋まで行ってきた。
しかも日帰り。目的は食い物だけ。しかもまたレンタカー。
そんなシンプルな旅の模様をシンプルに写真だけで振り返る。



午前3時に集合、出発。
首都圏が混む前に一気に抜けてしまおうってハラで、ご覧の新東名は静岡SAに午前5時過ぎに到着した。
ちなみに横浜を出てから初休憩。普段食わないアイスなんかをブラックコーヒーと共に食べて眠気を飛ばす。




最初の目的は、名古屋の朝と言えば・・・そう、モーニングだ。
というわけでなるべく混んでなさそうで、なおかつ名店の場所を絞り込む。
結果として名鉄「豊田本町駅」前にある喫茶リヨン兇砲笋辰討た・・・のだが。
写真では開店しているが、実は開店5分前までシャッターがピクリともせずにいたので、開店しないのではないかとマジで焦った一同だった。
名古屋は時間にルーズなのか・・・?(-.-)y-~~~




コーヒーを注文すると、小倉あんトーストとゆで卵がついてきた!これぞモーニング!!
・・・と言いたいところだが、メニュー表には最初からAセットBセットとなっていたので、ただセットメニューを選んだような気分になってしまった。しかしもちろん、セットは無料なのでやっぱり名古屋は凄い。




あ、書き忘れてたけど今回のレンタカーもただモノじゃない。
3人旅ということで、後席もきちんと使える車、アウディQ3を借りました〜
走り主体の旅じゃないので割愛するけど、スポーツタイプに比べてファミリーテイストのある車だけど、さすがアウディ、抑えるところは抑えてあるという具合。ちなみに上位グレードである「2.0Tクアトロ」だったのでパワーは十分でありました。燃費もそこそこ。ただ、クルコンは欲しかったかも。




モーニングを終えて時間がたっぷりあるので、熱田神宮へ。
神剣「草薙の剣」を祀る神社として有名だ。う〜ん、ドラクエ世代(謎)。
なるほど境内は明治神宮や伊勢神宮と似たつくりで、広く散策できるようになっている。本宮の他に数十社があり、回りきるのはとても大変。
なにせ、10時頃からは強烈な日差しと気温で、もう汗だくなもので・・・(;´ρ`)


 

ご神木(?)である大樫(樹齢100年以上)とおみくじ。
樫の木の全体を撮ろうと思ったら、チャイニーズたちが大挙してきてあっというまに人だかりが・・・
もう、日本は外国の力を借りないと観光地が成り立たないのかもしれない。
おみくじは吉とまあまあ。年の後半におみくじもなんだかという感はあるが・・・




この後はいよいよ、旅のメインイベント「昼飯」。
しかし。。。見ておくれ。2時間待ちだぞコノヤロウ!
ちなみに我々は常に早めということで、この状態になる前に予約完了していたので、11時15分には中に入れましたとさ。ちょっとの差で午後1時になるところだったぜ・・・(゚Д゚)y-〜




あ、言い忘れた。この大行列の店、その正体は「あつた蓬莱軒」である。
名古屋名物「ひつまぶし」の発祥店として名高い、まさに歴史ある名店。混雑もなんとなく納得だ。
店内にはこうして給仕さんたちが次々にやってくる客を待ちかまえている。
まあ、この店は日本料理屋という構えだが、客の99%はひつまぶし目当てだろう。




注文の後、料理が来るまで庭園でも眺めながらしばしの休息・・・
と、ここでなんとスコールばりの大雨が!
店内にいる我々は寛いでいるが、外で待つ大勢の人々の運命は・・・神のみぞ知る、といったところか(大げさ)。
(あとで入ってきた人が濡れまくっていたのを見て、気の毒に思えた我々であった)

そして・・・



きました!!
あつた蓬莱軒名物「ひつまぶし」!ちなみにひつまぶしはあつた蓬莱軒の登録商標である(実話)!
ウナギの皮がパリッパリ・・・旨い!




薬味を乗せて旨い!だし汁とわさびを添えて旨い!
いや〜大満足であります。ちゃんとお櫃で出てくる(ひつまぶしのひつは櫃である)んですねぇ。うなぎもびっしりと隙間無く入っていて、大盛りにしなくても満足できます。
ちなみに並、3600円。大盛り(すべて1.5倍)5100円。

いや〜、名古屋に来た目的(モーニングとひつまぶし)を終了した時点で午後1時。
まだ、帰るには早すぎるな〜




というわけで、せっかく借りたアウディなのでちょっと遠乗り。
名古屋の下に位置する知多半島の突端を目指して、レッツドライブ。
ところがねぇ、旨いモン食った後だし、なかなかに眠くなって危険だよねぇ・・・
半島の途中は海水浴場になっていて、湘南よろしく若者たちのレッツパーリィー!なカンジになっていました。




なんか知らないけど激混みの駐車場にやっとこさ車を停めて、ようやく来ました知多半島突端、羽豆岬。
工事中みたいなバリケードの先にSKE48の羽豆岬歌碑がありました。つか、観光客だれもいねぇ・・・あの車の群れの中身はどこ行ったんだ?




ここには神社があるようで、なんとなく江ノ島に通じるモノがありますね。
その羽豆神社の大鳥居が道の最南端にど〜んと構えてらっしゃいます。でもね・・・
羽豆岬なんもねぇ・・・人もあまりいなくて寂しい・・・
どうやら近隣の島へ渡る観光フェリーの発着場らしく、そのあたりは観光客がおりましたがね。

我々は疲れもあって、暑い中歩き回る気持ちになれませんでしたよって・・・
結局、駐車場が無料である間に出ちゃいました。滞在時間30分。

そのあとはもう、帰りモードで南知多道路〜知多半島道路〜伊勢湾岸自動車道と一気に高速道路ですっ飛ばします。




帰り道に、お決まりというか何というか「東名事故渋滞」の憂鬱な文字が・・・
しかも30km渋滞とかほざきやがる。おいおい、レンタカー返す時間に間に合うのか?
そこからはネットで交通情報とにらめっこしつつも、なかなか解消されない渋滞へと突っ込んでいくのでした・・・
写真は新東名で毎回休憩している駿河湾沼津SA。手持ちでかなり綺麗に撮れた。

結局渋滞に突っ込む頃には何となく解消へ向かっていて、とろとろ流れながら無事帰ることができた。
実に活動時間19時間、走行距離785kmの弾丸ツアーであった・・・お疲れQ3。
(なんか弾丸ツアー多いなぁ)



べつにおみやげというおみやげを買う必要もないので、自分で食すために名物「キリンラーメン」と「手羽先」を買ったのでした。

次の日は休みだったので、ほぼ一日寝ていたのはいうまでもない・・・
ああ、やっと長文雑記が消化できた(安堵)。
Comments
Name   Message   

2015年 9月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

<-neo / vin->
□ Category □

>> 最新記事 <<




09月23日 アクアでアクアライン...
15日 夏を振り返る「房総ア...
08日 趣味:睡眠(惰眠)
04日 夏が終わるので振り返...
08月28日 真夏の名古屋日帰り食...


記 事 一 覧 表




★ 過去の絵寝雑記 ★

↑ 2006〜2014 まで

☆ 昔の絵寝日誌 ☆

↑ 2002〜2006 まで


過去ログのようなもの
(クリックすると、別のウインドウで開きます)





Webmaster
近影
ENEMY、絵寝

適 正(属 性)

Ski - (video)Camera - Car - Game - PC - Trip - Outdoorwear - Oakley'seyewear - Internet - CGillust - StrayCat - WasteRoad(tunnel) Huge building & Steel frame
デモ キホン ヒキ-



この雑記の傾向






Powerd by えくすりあ

※またリセットされたのでカウンター撤去※