タイトル

雑記にするまでもない一言 ≒  『 この雑記は、週1回・月4回以上の更新をするように心がけています(心がけ低っ)・・・ ('A`)y-~~~ 』
■2015年11月27日(金)  空き巣被害に遭いました・・・
低調からのどん底へ・・・
今日、実に久々の休日だった。
天気も抜けるような青空でよい気候、寒いが気分も上々。
掃除をし、さて洗濯しようと財布準備。
「おっと。所持金が減ってきたな・・・現金封筒から足しておくか。」
タンス貯金封筒へ手を伸ばす・・・

あれ?

中身が空っぽ。
いや、おかしい。ここにはまだ40万くらい現金が残っていたはずだ。

最初は見落としかと思ったが、くまなく探すうちにいや〜な予感が・・・
マジで、ない。万券と千円で40万強。すっからかんだ。

「・・・」

でも、これまで部屋を荒らされた形跡に出くわしたこともなく、ごく普通に生活してきた。忽然と、封筒の中の現金だけが無くなっている・・・隣に置いてあった通帳は無事。
神隠しにあった気分。

とりあえず落ち着いて、そんな被害あり得るのかをネットで検索。
なんと、現金のみをねらう犯行は結構普通にあるようだ。やはり手軽で足もつかない現金が一番ねらい目なのだろう。そりゃそうか・・・

考えてみると、ベランダの窓を施錠忘れで外出してしまうことがあった。マンションの三階なので不用心に慣れてしまっていたのかもしれない。そして、外からの進入経路で唯一考えられるのがこのベランダしかないのである。

やばい。これは本当にやられたか・・・


重い足取りで交番へ向かう。
交番にいた学校出たてのような、大柄な少年巡査に話をすると、とりあえず住所氏名年齢連絡先勤務先を、鉛筆で適当な紙の切れ端に書くよういわれる。
こんなチラシの裏でいいのかよと思いつつ、詳細な個人情報記入。
少年巡査はすぐに電話をし、こちらの住所を何度も言い間違えながら、たどたどしく上司へつなぐ。大丈夫かよ少年・・・(・_・;)

やがて二人ばかり警察官が来て、被害の詳細を聞かれる。
聞かれるまま答えると、また電話をし出して、別の警官が自宅に来るので自宅待機を言い渡される。

自宅でうなだれていると、やがてインターホンが。
出ると、今度は細めの、だがこちらも学校出たてのような少年巡査が立っていた。
「何があったんですか?」
・・・どうやら、いままで話したことは少しも取り次がれていないようだ。
最初から話し、また住所年齢氏名云々をその場で聞かれる。免許証も出した。

そして玄関先で話をしていると、もう一人到着。こちらも若い警察官。
自宅へあがり、現場を見ながら被害の詳細をたどっていく。何時何分何をしたか、など詳細に。
そして、自分なりの考えとしてベランダの進入を告げると、何も荒らされていないので空き巣の犯行は考えにくいと言われる。おいおい、冗談じゃない。じゃあなんで金が消えたんだ。狂言だとでも思っているのだろうか。
事件性なしで処理しようとしていたので、納得がいかずにせめて被害届は出させてほしい旨を伝えると、ようやく折れて被害届を取りに二人とも交番へ戻っていった。

やれやれ・・・荒らされていなければ物を盗まれても被害者にならないのか。おかしな話だ。盗み放題じゃないか。一人でじっと待つ。

しばらくするとインターホン。出ると、今度は警察官が4人で来ていた。
鑑識の道具が入ったケースを持っている。本格的に捜査するというわけか。ちょっとホッとしたが、ここからが長かった・・・( ´`)y-~~

鑑識の道具を持ってきた人はそちらの専門家らしく、懐中電灯でベランダの手すりを調べたり、現金封筒に指紋検出の黒い粉をまぶしたりといろいろそれらしいことをしてくれた。新たに来たもう一人の先輩警官らしい人は、写真を主に撮っていた。残りの、最初から来た二人はほぼ待ちぼうけ状態。
まあ、実際これだけの人が必要な決まりなのかもしれないけど・・・警察って一案件に人数を裂きすぎる気がする。

そのうち鑑識の警官もベランダから戻り、進入の痕跡がないと言ってきた。
痕跡も何も、狭いベランダは布団や洗濯物を干すのに使うので、そんなもの消えてしまうのではないかと意見したが、警官は懐中電灯で手すりを照らし、見つからないということを言うばかり。みんなしてσ(^^)の狂言にしたがる・・・

実は隣のアパートがかなり接近して建っていて、その手すりを使えばどうにかなるのではないかと前々から思っていたのでその旨を告げると、その警官は隣のアパートへ移動した。
そして、実際に侵入する手順を踏み、手すりによじ登った。
そこからライトで照らすと・・・



人の背丈に近い手すりの上部に、足跡が発見されたのだ!!
(画像中央の何かの汚れのようなモノがそれだ。目では見えるが写真で撮るのが難しい)
こんなところに上るヤツは、ここからσ(^^)の部屋のベランダへよじ登るヤツ以外考えられない。
やっと、事態は進展した。
そこからがまた長く・・・σ(^^)の指紋という指紋を採り(協力者指紋採取)、手のひらからもべったりと採られた。これでもう犯罪出来ないな・・・いや、やらないけど。
そして、足跡の紋も採るらしく、粘着用紙を持っていろいろと動き回っている。
その間σ(^^)はまたしても住所氏名年齢云々・・・何回聞くんだよ!というくらい聞かれた。
果ては、今日の行動から資金の使い道までみっちりと取り調べられる。

そしてまあ、写真を撮ること撮ること。デジカメなのでいくら撮ってもコストゼロだからなのかわからないが、部屋、犯行場所、現金封筒、周囲、最後にはσ(^^)も何枚か撮影される。その際、足跡が見つかった場所や、犯行現場などを指さすよう指示されて撮影された。

基本的に鑑識の作業中は待つ時間が多かったので、最初に家に来た若い警察官二人と軽い雑談しながら待つことが多かった。結局この二人はほぼσ(^^)のそばにいただけだったような気がする・・・

とにかくまあ、3時間ほどかけて自宅での作業は終了。
その間、σ(^^)の個人情報はおろか指紋や手のひらの紋などもすべて採取され、何となく被害者なのに警察から目をつけられたような感じになってしまった。
最初の大柄な少年警官から次々と・・・結局7人の警官がこの件に関わった事になる。
被害届も出し終わり、警官が立ち去ってからようやく落ち着くことが出来た。
それにしても、足跡が見つかってよかった。あれがなかったらただの嘘つきで処理されかねない状況だった。だが、しっかりと空き巣侵入の痕跡が見つかったからには、これは事件である。

後日、被害届が正式に受理されたら警察に連絡を取らなければならない。
火災保険に入っているので、被害金額の一部が補填される可能性があるからだ。その手続きに、被害届の受理が必要不可欠なのである。

それにしても、40万はでかい損失だ・・・投資でも被ったことがない額。
手持ちの資金はほぼゼロ。すべて盗まれてしまった。
これからは、現金を部屋に置いておく事がないようにしたい。マンションだからって油断は出来ないのだ。



それはそうと・・・
この、鑑識の指紋採取するときの粉。ものすごい細かい粉で、一度つくとなかなか落ちないのだ。手についたら洗い流すのに苦労するほど。机の上に散った黒い粉を拭くのに3度拭きが必要だった。

いやしかし、恐るべきは犯人の野郎だ。
σ(^^)が現金封筒を見るまで一切気がつかないほど痕跡を一切残さずに、現金だけを根こそぎ持って行く。プロの犯行では無かろうか。現に警察官も侵入の痕跡なしで処理しようとしていたくらいなのだから・・・

以上、史上初の「犯罪に巻き込まれた」話。
あすからの生活費が厳しい・゚・(ノД`;)・゚・
Comments
Name   Message   

■2015年11月17日(火)  絶☆低調
はぁ〜ブルーな雑記だぜ( ´`)y-~~

一昨日の夜遅くにチャーハンがうまいという店に寄り、ニンニクチャーハンを食べたが、これが殺人級のニンニク含有量で、おりからの微妙な体調不良が重なって翌日は風邪を引き、一日ベッドで唸っていた。
暖かく気持ちのいい秋晴れの空の下で、だ。

風邪で風呂にも入れなかったので、体中の毛穴からニンニクの臭いが発せられていたことだろう。最悪であった。
ただ、σ(^^)のジンクスで・・・だいたい体調不良になる日は「休みの日」と決まっているので、仕事に影響はなかった。

が、そのクソ仕事でもまことにどうでもいいポカをやらかすわ、たちの悪い野郎に難癖つけられるわでまあ〜ろくなモンじゃなかった。まあ当たり前のハナシだが、職場では感情を表に出さないよう心がけている。しかしアレだね、人を怒らせる才能のあるヤツってのは居るね。マジで。

なんていいますか、今外で降り出した雨がσ(^^)の心情をまさに表していますよ。
天候も不安定で、今日みたいにやたら蒸し暑かったり、かと思えば風邪引くくらい寒くなったりと、揺さぶられるなぁ・・・なんだかどうでもいいや(゚ρ゚)

ま〜こんな日も過ぎてしまえば笑い話ですがね。
しかし、たまに風邪気味になるとホント、食欲もなく身体も痛く、寝るしかできなくてツライね・・・年かな。
インフルじゃなかっただけよしとしよう。
Comments
Name   Message   

■2015年11月12日(木)  いつもの家路
はあ〜今日も仕事がつかれました〜 ( ´`)y-~~プカー
疲れを背負った人間が、色とりどりに押し込められた電車にゆられ、駅に降り立つ。
(つってもわずか10分ほど)
おもむろに時計をチェックすると、おっと、もうこんな時間か・・・
この時間だと、駅前のスーパーにアレがあるかもしれんな・・・そんなことを考えながら、蛍光灯で煌々とした建物の自動ドアをくぐる。

カゴを取ると、並べられた食材に目を光らせる。
しかし、目を光らせるのは「値札」である。
15分後・・・



今日も大量だぜ。
そう、俺は半額ハンター。いつもスーパーの精肉・鮮魚売り場で値札の上に貼られた目立つ「半額」を見逃さず、そしてもちろん品質もチェックだ。半額の中には、なるべくしてなった、残るべくして残った「半額」にふさわしくない・・・いや、半額でこそふさわしいものがある。それは除外だ。お得ではない。

肉はある程度買い置きしても問題はない。
肉なら賞味期限などある程度過ぎても大丈夫だし、冷凍しておけば相当期間保つ。
一度だけ残った数十グラムの豚バラを腐らせたが、あとは黒ずんだ肉でも問題なく食べていけた。十分に加熱すればだいたい問題はない。
冷蔵庫に肉がなくなると、いざというときの食事に困るのだ。

・・・おっと、能書きはいい。

俺はいつものようにレジ袋を断り、マイバッグに食材を詰め込むと自宅に向けて歩き出した。
平日の夜道は、解き放たれた労働者たちが思い思いに過ごしている。
家路には、小さな飲み屋の明かりが家々に紛れて無数に灯っている。

スナックの前を通ると、誰かが歌うカラオケが聞こえてきた。
ほろ酔いで笑顔を浮かべたサラリーマンが、千鳥足ですれ違う。明日も平日、みんな遅くまで飲みはしないのだろう。

部屋へたどり着き、鍵を探す。
(つっても駅から徒歩4分)



今日は俺も、少し豪勢なビールを飲むことにした。このビール、見た目はアレだがフルーティでうまい。ヤッホーブリューイングが醸造しているようだ。
滅多に買わないのに新製品だから買ってみたが、からあげクン塩昆布もうまい。

そして最近Youtubeで最近見ている「マネーの虎」を見ながら一杯。
ふと起業、ということを考えてみる。ただのサラリーマンの俺には、果てしなく難しい道のりに思えてくる。

やがて深夜になると、ベッドに潜り込みまもなく眠りにつく。
そして、明日もまた同じように電車に揺られ、会社へ向かうのである。
これが、紛れもない日常。何の変哲もない日常である。おもしろい?つまらない?それは俺自身が決めることだ。
Comments
Name   Message   

■2015年11月09日(月)  駅前ヒキの憂鬱
よっしゃ駄文書くぜぇぇぇぇぇ (*´ェ`)y-~~
って、まだ書くこと消化してないんだけどねッ☆

んっとぉぉ〜オレんチ?っつーかオレん部屋さぁ。
とりあえず駅チカっつーか、まあそーいう感じの場所なんだけどォ。
ま〜なんかアレ?便利すぎるっつーかさ。いやいやいや、便利なのはいーんだけどさぁ。
駅チカ過ぎて逆に何もねーっつーかさ。え?意味不明だって?いーから聞けって。
ほら、あれ。クルマとかバイクとかマジつかわねーっつーかさ。歩きで?なんか全部なんとかなっちゃう的な?
ま〜そんな感じな訳よ。
でもさーオレってほら、クルマ好きじゃん?マジで持ちたい訳よ。クルマ。

・・・疲れたから普通にいこう・・・

まあ要するに、ちょっと最近次の物件を探しているわけだ。

駐車場がない物件に住んでいるのが一つの理由。それどころか、駐輪場すらも月4000円も出して借りている始末。しかもそこにおいてある125ccのシグナスくんは月一で乗ればいいほう・・・
たま〜にポストに入るチラシで「駐車場あいてます」的なのもあるけど、まあまあ歩く場所で、しかも安くない。いや、そもそも駅前である以上駐車場があってもとんでもない値段をふっかけられる。
いやそもそも、極端に出不精な(ヒキな)σ(^^)が、歩いてまで乗ることがあるのだろうか?いや、ないだろう。自分でよくわかる。

もう一つの理由はズバリ、この部屋は収納が皆無だからである。
まあこれについてはさんざん雑記っているので省略。とにかく衣服と冬用品くらいはきっちり収納したいのだ。


んでまあ、ネットでチクチク探していたのだが、やはりなかなかない・・・
条件は以下。
・RC(鉄骨)マンションで戸数少なめ。でかいのはイヤ。防音がしっかりしてればまあ、RCじゃなくても。
・駐車場が「敷地内」にあること。物件サイトは駐車場にチェックを入れても平気で200m先にあります、とかで引っかかってきやがる。それ、意味ないから。んで、15000円以内。
・駐輪スペースも必須。もちろん敷地内。
・狭くない1k以上、2DK以内。何しろ単身向けは駐車場がないことが多いので、2ルーム以上も場合によっては仕方ない。ただし、家賃は7万円以内。
・築30年以上はちょっと遠慮したい。
・よく引っかかるのが、物件の位置があり得ないくらい狭い路地の中とか、迷路のような道をたどった先にあるとか。奥まりすぎはクルマ出せないのでNG。
・あらゆる駅が遙か地平線の先という陸の孤島物件はだめ。もしもの時通勤できねぇ。
・狭くてもバルコニーがあること。洗濯物くらい干させろ。朝の深呼吸くらいさせろ。
・バストイレ別。一緒だと風呂桶で済ませるってことでしょ?そもそも湿気でカビだらけになりそうで無理です。

・・・いろいろ書いたけど、そんなに厳しい条件とは思わない。だが、ない。本当にない。とくに「駐車場敷地内」「駅から離れすぎない」は相反するものらしい。まあ、当たり前なのか・・・

今の物件は、天下の国道がほぼ真横に走っているのに、50mくらい奥まっているからまったくうるさくない、静かな一角。それで駅徒歩4分。マンションを出て最初の角を曲がると駅のホームが見える。デザイナーズマンションなので、1Rにしては広い。角部屋なので窓が3カ所あり、風通りがいい。隣と接する面が少ないので、隣の生活音が一切聞こえない(上下はたまに聞こえる)、バストイレ別・・・という、なかなかない良物件である・・・

う〜んと、引っ越す意味あるのかな・・・とか考えてしまう。クルマのためだけに・・・それだけ、駐車場というのは高嶺の花なのだ。田舎の諸君、都会はクルマ好きには暮らしにくいぞ!だから駅チカ一軒家車庫付きなんかマジでうらやましいぞ。

は〜結局目の前にクルマ置ける環境ってのは郊外に住むしかないってことなのね。
・゚・(ノД`;)・゚・
Comments
Name   Message   

■2015年11月08日(日)  ウェアラブルカメラ「Panasonic HX-A500」
さぼりまくったと思ったら一日複数の記事。この雑記はこんなモンです。

さて小型のビデオカメラ市場は今、活況であります。
アメリカのGoproを皮切りに、国産も各社から製品がリリースされています。
元祖Goproと同じような用途、デザインであるものを俗にアクションカムといいますが、これは国産シェアトップのSonyが提唱する呼び方です。
そして、形は違えど極限まで「身体に装着」するために開発された物をウェアラブルカメラといいます。これは主に、唯一の「身につける」に特化した製品を出しているPanasonicのカメラを指します。



んで、σ(^^)はウェアラブルカメラをまた買いました。「Panasonic HX-A500」です。物自体は去年の半ばから発売している物です。新機種ではない。
なぜそんな物を今更、といいますと・・・極論として冬にゴーグルマウントで満足する装着感(大きさ・重さ)なのはウェアラブルであるこのシリーズしかないからです。
Sony最小のアクションカム「AZ-1」でも重さでぶれぶれの映像になってしまうのを昨冬に実証したときに、買うしかないのだと実感したのです。んで、どうせだから冬までに新機種を待ったら、なんだか方向性がちょっと変わったものが出たので、じゃあ去年モデルでいいやとなったわけです。



黒い方は今まで2シーズン使っていた前機種である「HX-A100」です。
液晶モニターがついて画角の確認がしやすくなり、画質が改善し(ただしあくまでSony未満の画質)、古いながらも4K撮影にも対応しています。そのほか、コードがあることやその長さ、大きさなどは特に前機種と変わらないので、まあ慣れてるといえば慣れてるので違和感なく冬に投入できるでしょう。

しかし極論を言うと、前機種から引き継いだ「相変わらず中途半端なPanasonic」というイメージは払拭できておりません、たとえば
・手ぶれ補正機能があるが、画質が極端に劣化するため使い物にならない。
・バッテリーが取り外し不能、故に交換も予備もない。
・ヘッドマウントした際、マイクが口元に近すぎ。声はおろか鼻息すら拾う。
・相変わらず暗い場所に弱い。ノイズだらけの映像になる。
・とにかく近い物にピント範囲が合わない。メシの画像すらボケる。これは前機種にも劣るレベル。
という感じです。

でも、カメラ部分最軽量、ゴーグルのゴム部分につけてもたわまないのはこいつだけなのです。ケーブルは引っかかって邪魔だし、レンズカバーすらないけども。逆に単体で防水だし、無線接続なしにヘッドマウントしたまま画角の確認も出来る。

とにかく、身につける(頭につけて目線を撮る)ことにおいて、このシリーズを上回るカメラがないのです。なにせカメラ部30g。
このカメラで目線映像を撮りまくる所存であります。
Comments
Name   Message   

2015年 11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

<-neo / vin->
□ Category □

>> 最新記事 <<




11月27日 空き巣被害に遭いまし...
17日 絶☆低調
12日 いつもの家路
09日 駅前ヒキの憂鬱
08日 ウェアラブルカメラ「...


記 事 一 覧 表




★ 過去の絵寝雑記 ★

↑ 2006〜2014 まで

☆ 昔の絵寝日誌 ☆

↑ 2002〜2006 まで


過去ログのようなもの
(クリックすると、別のウインドウで開きます)





Webmaster
近影
ENEMY、絵寝

適 正(属 性)

Ski - (video)Camera - Car - Game - PC - Trip - Outdoorwear - Oakley'seyewear - Internet - CGillust - StrayCat - WasteRoad(tunnel) Huge building & Steel frame
デモ キホン ヒキ-



この雑記の傾向






Powerd by えくすりあ

※またリセットされたのでカウンター撤去※